「教育費の確保」だけで大丈夫!?「夫婦の老後資金」毎月みんないくら貯金してる?

いわゆる「子育て世代」と呼ばれる30代、40代の方々の多くは、貯金といえばお子さんの教育資金を思い描くのではないでしょうか。最近は進学率の上昇も影響し、多くの方が大学までの教育費を工面するため努力をしているようです。

しかし、お子さんたちを立派に育て上げた後の自分たちを具体的にイメージし、夫婦2人になったときのことを話し合ったことはあるでしょうか。「子供には好きなことをさせてあげたい」と願うのであれば、その先の自分たちの未来も一緒に描くことも大切かもしれません。その理由とは?

「教育費に追われる」のは30代・40代の特徴?

株式会社ネストエッグが2020年10月におこなった「貯金に関する調査」(20歳以上の全国の男女500人、20代~60代以上の年代別それぞれ100人ずつを対象)によると、「貯金の目的」として30代夫婦の13%が「学費・教育費」と回答。40代に至っては21%もの人たちがお子さんの学費や教育費のために貯金をしているということがわかりました。

お子さんたちの年齢が上がってくると、それに伴った進路に進ませてあげるべく親たちはさまざまなサポートを始めます。塾の送迎や夜食の準備、時には勉強をみてあげたり…。しかし、やっぱり1番大きなサポートといえるのが「子供が好きな進路を選べるようにお金を貯めてあげること」ではないでしょうか。そんな気持ちを多くの親が持つからこそ、40代を中心に自分たちのためではなく子供のために貯金をする方が増える世代と考えられるかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。