民間人は知っておきたい公務員の退職金の額

ApoevAndrey/iStock

昨年の「老後2000万円問題」によって多くの人が老後の生活に大きな不安を感じました。

さらに今年は新型コロナウイルスで、経済面でも大きな打撃をうけています。

特に、航空業界、旅行業界、飲食業界などへの影響は深刻で、倒産が相次ぎ、職を失った方や収入が減ってしまった方も多くいらっしゃいました。

「老後や将来の心配どころではない」というのが本音ではないでしょうか。

私は大学卒業後、証券会社で証券外務員として国内外株式や投資信託、生命保険といった金融商品を取り扱い、個人のお客様を中心に多くの資産運用コンサルティングに従事してきました。

続きを読む

これまでのコンサルティングの中でもたくさんの方が先の見えない不況下に不安を抱えていらっしゃいました。

一方景気の影響を受けにくいといわれるのが公務員です。安定しているため親が子供になってほしい職業としても近年は上位につけています。

そこで今回は、公務員の退職金をみていきたいと思います。
公務員の退職金=『たくさん』というイメージを持っている方も多いと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか?

公務員の数と国家公務員の退職金

公務員の数は、全国で約333万人(2019年度)です。そのうち、国の機関で働く国家公務員は約58万5000人で全体の17.6%、そして残りの大半を占める82.4%の274万4000人は地方公務員です。

まず国家公務員の退職金についてみてみましょう。

内閣人事局によると、下記のように退職金が決定されています。

「国家公務員の退職手当の支給水準については、退職給付(退職手当及び年金払い退職給付(使用者拠出分))の官民均衡を図るため、おおむね5年ごとに行う民間企業の企業年金及び退職金の実地調査を踏まえて見直しを実施」

また国家公務員の退職金の計算方法は以下のとおりです。

  • 計算方法:基本額(退職日の俸給月額×※1支給割合)+※2調整額

※1支給割合は、退職理由や勤続期間により異なります。
※2調整額は、調整月額のうち、その額が多いものから60月分の額を合計した額です。

では2018年の国家公務員の定年退職者の退職金についてみていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
小泉 千恵

ネブラスカ州立大学卒業、サム・ヒューストン州立大学大学院修士課程修了。 大学卒業後、東洋証券で勤務し、海外株式や投資信託、生命保険と言った様々な金融商品を取り扱う。その後渡米し、米国の大学でアスレチックトレーナーとして従事。自分自身の資産運用だけではなく、友人や知人などが抱えるお金の悩みなどの話を聞くうちに、改めて資産運用の重要性を認識。はたらく世代の資産運用の課題を解決したいという思いでファイナンシャルアドバイザー業務に従事。一種外務員資格(証券外務員一種)、3級ファイナンシャル・プラニング技能士(FP3級)を保有。