定年60代の貯蓄格差を埋める資産運用法

VectorInspiration/iStock

総務省が2020年10月30日に公表した「労働力調査(基本集計)2020年(令和2年)9月分結果」によれば、65歳以上の就業者数は2009年で565万人に対し、2020年9月は928万人となっています。

全体の就業者数で見ると2009年は6724万人に対し、2020年9月には6689万人と総数は減っているにも関わらず、65歳以上の就業者数はこの10年あまりで363万人増え、定年を迎えても働いている方が多いことが分かります。

続きを読む

人生100年時代と言われる今、いつから何歳からが老後なのかは益々個人差が顕著になりそうです。

ただひとつの区切りとしては定年を迎える60代で老後を意識する方が多いのではないかと思います。

私はFP(ファイナンシャル・プラニング技能士)の資格を持つファイナンシャルアドバイザーとして、数々のマネーセミナーで登壇し、多くのお金の悩みを持つお客様と向き合ってきました。私自身、フリーランス経験が長く、自分が好きなことに専念するためには、お金の問題を理解し、解決していかなければならないことを十分理解しています。

今回はファイナンシャルアドバイザーとしての視点から、長い老後に向けて老後資金をなるべく減らさないような資産運用方法をご紹介します。

50代の年収と60代の年収、貯蓄の格差はどこまであるのか

一般的には年収のピークは50代となり、60代以降は下がっていくといわれています。
一度上げた生活水準をあげるのは難しいことですから、現役時代から節約して過ごすか、老後も働くなどで生活水準を維持するかのどちらかになってしまいます。

では具体的に今の50代60代で年収や貯蓄にどのような差が出ているか確認してみましょう。
総務省の「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2019年(令和元年)平均結果-(二人以上の世帯)」では50代と60代の年収、貯蓄は下記のようになっています。

50代

二人以上世帯

  • 平均年間収入:852万円
  • 平均貯蓄額:1704万円

二人以上世帯のうち勤労者世帯

  • 平均年間収入:870万円
  • 平均貯蓄額:1728万円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
三輪 文
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

二級ファイナンシャル・プラニング技能士(FP2級)。はたらく世代の資産運用サポート促進のためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。生命保険から投資信託までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。また、中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。フリーランスなどの経験と女性の視点も併せて資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。