定年60代、みんなの貯蓄額はどのくらい?老後破産しない資金計画のポイント

老後に働くという選択肢

貯蓄が少なく、退職金も期待できない……そのような世帯も少なくありません。その場合、老後も「働く」という選択肢も加えてみてはいかがでしょうか。

雇用に関する分野は時代とともに大きく変わり、定年後も働く人は少なくありません。総務省統計局の「労働力調査(基本集計)2019年(令和元年)平均(速報)結果の要約」によると、65歳以上の就業者数は2019年時点で892万人に達し、この10年で右肩上がりに増えています。

令和3年4月には「高年齢者雇用安定法の改正」が施行され、70歳までの就業確保が支援されます。再雇用制度や勤務延長制度のほか、これまでのノウハウを生かして新しい仕事を作り出すのもいいでしょう。たとえ月10万円の収入であっても、61~70歳まで続ければ1200万円になります。決して少ない額とはいえないでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

IT企業の金融系子会社で債務整理に関わる業務に携わり、さまざまな人間模様を垣間見てきました。出産後はフリーライターとして活動中。生活を締め付けない節約ライフを目指して、暮らし・育児・お金に関わる情報を発信していきます。