還暦定年60代、貯金1000万円で老後は安心か

invincible_bulldog/iStock

人生100年時代というワードがすっかりと定着し、老後の生活費は今まで必要と言われていた金額ではどうやら足りなさそうだと気付き始めている方も少なくないでしょう。

特に一般的に還暦と言われ、定年を迎えた60代の方にとってはもう他人事ではありません。
では貯金はいくらあれば安心でしょうか。

1000万円という数字だけを聞くと多いと感じる方もいらっしゃると思いますが、60代で貯金が1000万円あれば安心でしょうか。

続きを読む

今回は還暦定年60代の貯金について確認してみましょう。

貯金1000万円持っている人はどのくらい?

金融広報中央委員による「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和元年調査結果」から今の60代の金融資産保有額(金融資産保有世帯)は下記のようになっています。

  • 平均:2203万円
  • 中央値:1200万円

平均では2000万円を超えていますが、平均値は金融資産を多く保有している方に影響されるため数値は歪んでしまいます。

これに対して、中央値は少ない方から並べたときにちょうど真ん中にくる数値であり、現状を反映しやすいといえます。60代となると金融資産は1000万以上になることが分かります。

また金融資産となっているのは現金として保有する預貯金だけでなく、生命保険や有価証券なども含めた金額だからです。

60代の金融資産の保有額の割合はどうでしょうか。

  • 100万円未満:4.5%
  • 100~200万円未満:5.3%
  • 200~300万円未満:4.2%
  • 300~400万円未満:5.1%
  • 400~500万円未満:3.6%
  • 500~700万円未満:7.7%
  • 700~1000万円未満:6.8%
  • 1000~1500万円未満:12.8%
  • 1500~2000万円未満:7.5%
  • 2000~3000万円未満:11.9%
  • 3000万円以上:20.2%
  • 無回答:10.4%

全体の3割強を1000万円以上の方で占めています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
三輪 文
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

二級ファイナンシャル・プラニング技能士(FP2級)。はたらく世代の資産運用サポート促進のためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。生命保険から投資信託までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。また、中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。フリーランスなどの経験と女性の視点も併せて資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。