ギグワーカーやフリーランスは、年金をいくらもらえる?

年金に不安を感じる人ができること4選

Nattakorn_Maneerat/shutterstock.com

“ギグワーカー”をご存じでしょうか。ギグワークに従事する人をギグワーカーと呼びます。ギグ(gig)とは音楽用語で短いセッションを指す言葉ですが、細切れで単発の仕事を意味する言葉として使われるケースが増えています。Uber(配車サービス)やUber Eats(フードデリバリー)をイメージするとわかりやすいかもしれません。

ギグワーカーの働き方はさまざまで、企業に勤めながらスキマ時間にギグワークをこなす人も少なくありませんが、ギグワークをメインとして働く人も存在します。企業などの組織に所属していない人はフリーランス、開業届を出していれば個人事業主とも呼ばれます。ギグワーカーやフリーランスで厚生年金保険に加入していない20歳以上60歳未満の人は国民年金の対象です。

続きを読む

そこで今回は、国民年金に加入している人の職業や年収、将来もらえる年金受給額などについてご紹介します。

日本の年金制度をおさらいしよう

日本の公的年金は2階建てです。1階部分は日本に住む20歳から60歳未満の人が全員加入する国民年金で、2階部分は会社員や公務員、教員などが加入する厚生年金です。国民年金の加入者には3つの種類があります。

  • 第1号被保険者・・・第2号および第3号被保険者ではない人
  • 第2号被保険者・・・厚生年金保険の被保険者
  • 第3号被保険者・・・第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者(年収が130万円未満の人)

国民年金の満額はいくらなのか

国民年金を満額もらうためには、20歳から60歳未満の40年間に保険料をすべて完納しなくてはなりません。国民年金の満額は物価や賃金を考慮して毎年見直されます。2020年度の満額は78万1,700円(月額6万5,141円)です。

国民年金の受給要件は、保険料の納付済期間と免除期間の合計が10年以上あることです。未納の保険料を支払える期間は2年間のみと決められているため、早めに納付することが大切です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。