若いうちに「投資」に目を向けるメリットとは?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大は、私たちの多くにとって、お金や仕事に対する考え方を大きく変える出来事となりました。これは若い世代にも当てはまるようです。

若者たちはこれからのお金や投資をどう考えているのでしょうか。早期に投資を始めることのメリットや、投資のちょっとしたコツなどもお伝えしていきます。

若い世代は将来に不安を持っている

合同会社ブロミスタと株式会社ARUYOが共同で行った「COVID-19(新型コロナウイルス)による投資意欲に対する意識変化に関する調査」では、20代の男女300人にアンケートを行いました。『新型コロナウイルス流行後でお金の心配が増えましたか』という設問には、「そう思う」と回答したのは44%、「すごくそう思う」と回答したのは34%になり、合計では約80%の若者がお金の心配をしている結果になりました。

続きを読む

若者は健康面ではCOVID-19の影響が比較的少ないといわれているものの、経済的な面では大きな不安を抱えていることが分かります。

一方で、『現在、投資をしていますか』という設問では「している」「していない」、それぞれが50%という結果に。2人に1人は投資をしていることも分かりました。収入減や雇用への不安などを憂う声が多いなか、若い世代の多くが何らかの投資を行っていることは、興味深いですね。では、若い世代から投資を始めることのメリットとは何でしょうか?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。