老後資金の準備はつみたてNISAだけでは不安な2つの理由

miniwide/Shutterstock.com

最近よく目にしたり耳にしたりすることの多いワードのひとつが「つみたてNISA」です。
もしくは親しい人が始めていて、すすめられたという方もいらっしゃるかもしれません。

ただし「つみたてNISA」という商品が存在していると思われている方も多いようです。残念ながらつみたてNISAという金融商品はありません。あくまでも制度の話です。

今回は「つみたてNISA」についてご紹介するとともに、老後資金準備としてつみたてNISAだけで大丈夫なのかを確認してみましょう。

続きを読む

「つみたてNISA」とは

金融庁のホームページによると、つみたてNISA(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度)とは、以下のように定義されています。

「特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。購入できる金額は年間40万円まで、購入方法は累積投資契約に基づく買付けに限られており、非課税期間は20年間であるほか、購入可能な商品は、長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託に限られています。」

NISAとつくものは、金融庁が監督官庁となっており、国民の利殖や資産形成のための制度となっています。

スマホOK!無料Webセミナー「お金の増やし方」「iDeCo/NISA始め方」他【PR】

毎日開催/無料オンラインセミナー/たった30分/資産運用初心者向け/月2万円からしっかり資産作る/iDeCo・NISAどっち?/投信選び/保険見直し/スマホやPCで簡単参加/カメラoff/講師陣は大手金融機関出身者/もやもや解消&問題解決あり

◆無料セミナー詳細とお申込みはこちらをクリック <株式会社OneMile Partners主催>

つみたてNISAが出来る人の条件とは

では、つみたてNIISAの利用条件を確認してみましょう。

【利用条件】
・日本にお住まいの20歳以上の方(※1)(口座を開設する年の1月1日現在)
ただし、つみたてNISAと一般NISAはどちらか一方を選択して利用可能

このように利用出来る人の条件は、20歳以上であれば誰でも利用出来ることから始めやすいといえます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

はたらく世代の資産運用サポートを促進するためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。有価証券から保険までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。自分自身の経験から、また女性の視点から資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。