金額の差じゃない「年収400万円の人」と「年収1000万円の人」の思考の違い5選

4:常識を疑う 

年収1000万円の人は、目の前のことをやるだけ・言われたことをやるだけということはしません。常にその一歩先を見て「常識を疑う」ことを行っています。

今当たり前となっている制度やマニュアル、それらに従うのではなく、現行のものを「疑う」ところから仕事がスタートするのです。会社をより良くするため、業務をより効率的にするために目の前にある常識を常識だと思わない、それが年収1000万円の人の思考なのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

金融業界・教育業界でのOLを経て現在は主婦に。小学校・中学校・高校の第一種教員免許保持者。
探究心強めな性格を活かして、生活に役立つ情報を発信していきます。