定年前50代、老後2000万円問題の3つの不都合な真実

miniwide/Shutterstock.com

老後をどう過ごしていくかを具体的に考え始めるのは、定年前となった50代ならではです。これまでの貯蓄や退職金でまかなうとお考えの方も多いかと思いますが、実際、老後に必要な金額はいくらなのでしょうか。

ここでは、2019年に話題となった「老後2000万円問題」を例に、老後資金はいくらあれば十分なのかについて確認してみましょう

老後2000万円問題とは

「老後2000万円問題」というワードが話題となったのがちょうど1年前でした。ただしその金額の大きさばかりが話題となり肝心なことは語られることはありませんでした。ここでは老後2000万円問題がどんなものだったかを振り返ってみます。

続きを読む

老後2000万問題とは、一昨年に金融庁が発表した、金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」が発端でした。

このレポートによると老後は年金収入の他にざっくりいうと2000万円が不足するというものでした。

ではこの2000万円という金額はいかにして算出されたのでしょうか。これにはモデルとなる世帯があります。

夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの高齢夫婦世帯がモデルとなっています。

同資料内の「第 21 回市場ワーキング・グループ 厚生労働省資料」によれば、この世帯の毎月の収支は、以下の通りです。

  • 収入(おもに年金)約209,198円
  • 支出(おもに食費)約263,718万円

毎月の赤字として計算すると約5.5万円となっています。

この赤字分を年間で計算し、老後が30年続いたと仮定して出た金額が下記なのです。

5.5万円×12ヶ月×30年=1980万円

この計算が2000万円問題の根拠となった計算式でした。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
  • 三輪 文
  • ファイナンシャルアドバイザー

二級ファイナンシャル・プラニング技能士(FP2級)。はたらく世代の資産運用サポート促進のためのマネーセミナーで登壇多数。二種外務員や保険募集人資格を短期間で取得。生命保険から投資信託までの幅広い金融商品を活用し、総合的な視点からライプラニングや資産運用アドバイスを行う。また、中学生から芸能活動をスタートし、役者やラジオパーソナリティ、モデルなどとして幅広く活動。フリーランスなどの経験と女性の視点も併せて資産運用の初心者にでも分かりやすくお金の話を伝えることに努力している。