「知りたい!みんなのおこづかい事情」子どものマネー感覚をどう育てる?

おこづかい制度から「子どもの金銭感覚」を育てる

子どもがお金の価値に気づいたとき、それは金銭感覚が育つよいきっかけとなるでしょう。彼らにとって、お金は「稼ぐもの」ではなく「与えられるもの」です。この段階で「なくなっらどうなるか」を味わっておくことは、「お金と品物を天秤にかける力」を育むことににつながります。

おこづかいが足りないときってどうしてる?

前述の「子どものくらしとお金に関する調査」によると、「おこづかいが不足した経験がある」と回答した子どもは小学生で約40~50%、中・高校生で約50~65%。半数以上の子どもが「おこづかいの不足」を経験しているという結果でした。

そこで、同調査の「おこづかいが不足したときの対応」についてみてみると、小学生では「買いたいものをがまんする」が約50~60%と最も多く、次に「お手伝いをしておこづかいをもらう」が約20%でした。一方で中・高校生では「次のおこづかいまでがまんし、節約する」が約40%、次に「貯めていたおこづかいやお年玉などのお金を使う」が約20%という結果でした。

やりくりが上手くいかず、お金が足らなくなることも、ときにはあるでしょう。そこで「次からは使い方を工夫しよう」「無駄遣いが多かったかも?」といった振り返りは、大人同様、子どもにとっても必要なステップだと考えられます。おこづかい制度は、親がマネー教育を行ううえで、とても有効な手段でしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。