「知りたい!みんなのおこづかい事情」子どものマネー感覚をどう育てる?

みんなは何に使ってる?

次に、少々古めのデータとなりますが、2015年の「子どものくらしとお金に関する調査」のアンケート結果もみてみましょう。金額以外の視点から、子どもたちのおこづかい事情をみることができます。

「おこづかい、何に使う?」

おこづかいの使い方は、小学生低~中学年ではお菓子やジュース、ゲームソフトやおもちゃ類が上位に挙がっています。小学生高学年になると、まんがや本・雑誌などが上位に続きます。中・高校生になると、友達との外食代や休日の交通費など、交友関係におこづかいを使うことが増えている印象です。

「おこづかいをもらえる“条件”ってある?」

また、おこづかいをもらう条件についてよく耳にするのは「成績が良かったらおこづかいをもらえる」という話。「子どものくらしとお金に関する調査」(第3回)では、中・高校生のおこづかいをもらう前提条件についても調査しています。

その結果「おこづかいをもらうのに何の前提条件もない」割合は中学生で74.2%、高校生約82.7%で、ほとんどが条件なくおこづかいをもらっていることがわかりました。

小・中・高校生はやはり学業がメイン。お金に触れる機会が少ないからこそ、金銭感覚を上手に育てていきたいですよね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。