9月始動の「マイナポイント」、予約・申し込みはココをおさえよう!

~マイナンバ―カード申請は早めがおススメ~

マイナポイントを受け取る方法

マイナポイントの申し込みはすでに始まっています。時間がかかる手続きもあるので、早めに取りかかりましょう。

STEP0:マイナンバーカードを申請する

今回のポイント還元を受けるには、マイナンバーカードを持っていることが必須となります。マイナンバーカードを持っていない人は、まずはカードの申請をおこないましょう。

交付申請書があれば、スマートフォン・パソコン・証明用写真機、郵便のいずれかで申請が可能です。もし交付申請書がない場合は、専用サイトからダウンロード、または市区町村の窓口で発行してもらいましょう。

申請後に、ハガキで「交付通知書」が自宅に届きます。ここに書かれた期限までに、指定された交付窓口まで本人が出向き、マイナンバーカードの交付を受けます。なお、交付までには約1カ月以上かかることが考えられますので、早めに申請を行ってください。

【参考】
マイナンバーカードのつくりかた」政府広報オンライン

STEP1:マイナポイントの予約をする(マイキーID発行)

マイナンバーカードを受取ったら、次はマイナポイントの予約です。スマートフォンかパソコンを利用すれば、自宅から簡単に手続きが可能。市区町村の窓口や郵便局、コンビニ、携帯ショップなどに設置された専用端末から手続きをおこなうこともできます。

予約には、マイナンバーカードの他に、申請または受取時に設定した4桁のパスワード(数字)が必要です。

STEP2:ポイント付与の申し込みをする(キャッシュレス決済サービス選択)

予約が完了したら、ポイントを付与してもらうための手続きをおこないます。希望するキャッシュレス決済サービスを選び、申し込みましょう。対象となるサービスは専用サイトで確認できます。

一度選択したサービスは変更できないの注意してください。

STEP3:2020年9月以降にお買い物orチャージをする

予約申し込みは7月から始まっていますが、ポイント還元はもう少し後。対象となるのは、2020年9月1日~2021年3月31日までの買い物またはチャージです。この期間以外の買い物やチャージはポイント付与の対象ではないので注意しましょう。また、付与されるマイナポイントの上限は5000円分です。

以上の手続きをすれば、買い物時にマイナンバーカードを提示する必要はありません。普段のようにキャッシュレス決済を行えばOKです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。