「年収重視の婚活」あなたは続ける?~幸せの尺度はどこに~


収入面を重視した結果、後悔している女性も

収入だけでその人をはかることはできないとはいうものの、高収入の男性に人気が集まりやすいのは確かでしょう。ここでは、収入面を重視した結果、後悔を感じている女性の事例をご紹介します。

ケース①月収100万円の彼の手取り・・・

「自営業をしている彼が『今月は100万円の収入があった』というので、『この人と結婚すれば安泰だ』と喜んでいました。ところが結婚直前になって、彼の手取り収入は月に20万円ほどであることが判明したのです」

例えば、アパート経営を手掛けていれば不動産収入で月100万円あるけれど、諸々の経費や物件関連のローン返済金を引くと、手取りが20万円ということもあり得ると思います。

また、サラリーマンでもインセンティブや歩合制により年間収入に波がある職種も。

ケース②年収800万円なのに貯金額が・・・

「相手の年収を重視して婚活に取り組んだ結果、年収800万円の彼と付きあうことに。『これだけ収入があれば、結婚資金もしっかり貯めているはず』と期待していました。

しかし、結婚の話が進むなかで彼の貯金が80万円しかないことが発覚。今までは毎日のように外食をしたり、趣味にお金をつぎ込んだり、自由にお金を使っていたそうです。『こんな浪費家の人と結婚して大丈夫なのかな』と不安になってきました」

男女を問わず、高収入ではあるものの貯金をほとんどしていない人も存在します。高い給与をどのように使っているのか、お金に対する考え方なども生き方に大きく影響してくる要素でしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。