「年収重視の婚活」あなたは続ける?~幸せの尺度はどこに~

「結婚の段階で高収入」ならいいの?

「ハイスペックな男性と結婚して周囲を見返したい」、そんな気持ちを持つ女性もいるかもしれません。でも、結婚の段階で高収入だからといって一生安泰であるという保障はありませんよね。婚活から結婚までの期間より、結婚後の人生のほうがはるかに長いのです。

なかには、「金銭感覚が合わず夫婦喧嘩ばかり」「夫が仕事中心の人で、すれ違いばかり。育児は100%ワンオペ」「上場企業に勤務していたけれど業績悪化の中でリストラ対象になってしまった」というケースも。高収入だからといって、必ずしも何不自由ない結婚生活が待っているとは限らないのです。

夫が事業に失敗したり、病気になったりして無収入になった場合、支えていける覚悟はあるのでしょうか。それとも、単に高収入の男性と結婚して優雅な暮らしをしたいのでしょうか。

一方、夫の収入が多くなくても共働きで家計を支え合っている家庭や、同じ価値観のもとで平和な日々を過ごしている夫婦もたくさん存在しています。

長い結婚生活では、単に収入額よりも、金銭感覚や子育てについての考え方、ライフスタイルなどへの意識なども重要な要素となるのではないでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。