「年収重視の婚活」あなたは続ける?~幸せの尺度はどこに~

結婚相手の理想の年収

結婚相手の理想の年収について男女の回答内容を比べると、男性側は女性と比べて「300万円未満」「収入は関係ない」という項目の割合が高く出ています。一方、女性の回答では相手に求める年収が「400万円~500万円未満(26.2%)」が最多、次いで「500万円~600万円(22.9%)」となり、500万円を中心としてピークになっています。

ここで、国税庁が発表した「平成30年(2018年)分 民間給与実態統計調査」(※2)から、平均的な給与について見てみましょう。男性では、年間給与額400万円~500万円が524万人(構成比17.8%)と最も多く、次に300万円~400万円が509万人(同17.3%)となっています。女性が結婚相手に求める年収は、男性の年収分布の中心よりも上の階層にシフトしており、理想と現実にはギャップがありそうです。

一方、女性の給与分布は100万円~200万円以下が495万人(構成比23.8%)と最も多く、次に200万円~300万円が438万人(同21.0%)となり、女性の給与が男性の半分程度であることが分かります。女性が男性の年収の高さを求める理由は、自身の給与実態が大きく影響している面もありそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。