「若手ほど高い”キャリアアップへの意欲”」~教育訓練給付金の活用で自分に武器を~

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大は、労働・雇用環境に大きな影響を及ぼしています。働く人々の側の意識には、どのような変化が生じているのでしょうか。

今回は、2つのアンケート調査の結果を通じて、若い世代の仕事やキャリアアップに対する意識変化をみていきましょう。社会人の学びを支援する、国の「教育訓練給付制度」についても触れていきます。

コロナ禍でみえた「若手のスキルアップ意識」の高さ

まず、公益財団法人日本生産性本部が実施した「新型コロナウイルスの感染拡大が働く人の意識に及ぼす調査」(調査:2020年5月、対象:1100名)の調査結果から、COVID-19の流行と、働く人々の自己啓発の意識の変化についてみていきます。

続きを読む

「コロナを機に自己啓発を始めた人」

「年代別・コロナウイルス流行以降の自己啓発の開始有無」
( )内は、「始めた」「始めたいと思っている」と回答した人の割合の合計
全体(38.9%)

  • 始めた…8.8%
  • 始めたいと思っている…30.1%

20代(54.2%)

  • 始めた…18.8%
  • 始めたいと思っている…35.4%

30代(46.5%)

  • 始めた…9.4%
  • 始めたいと思っている…37.1%

40代(42.2%)

  • 始めた…7.3%
  • 始めたいと思っている…34.9%

50代(31.2%)

  • 始めた…6.1%
  • 始めたいと思っている…25.1 %

60代(20.4%)

  • 始めた…4.1%
  • 始めたいと思っている…16.3%

70代(24.6%)

  • 始めた…5.7%
  • 始めたいと思っている…18.9%

「始めた」「始めたいと思っている」と回答した人の割合は、若い年代ほど多くなっていまね。特に20代に限ると、自己啓発を「始めた」人は18.8%、「始めたいと思っている」人は35.4%、合計54.2%。自己啓発に積極的な若者たちの姿勢がうかがえる結果となりました。

何のために自己啓発を始めたの?

また、自己啓発を始めた(/始めたい)目的として、以下のようなものが挙げられました。

  • 将来の仕事やキャリアアップに備えて・・・46.3%
  • 現在の仕事に必要な知識・能力を身に付けるため・・・43.0%
  • 資格取得のため・・・30.8%

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。