厚生年金と国民年金は毎月いくら、もらえるのか

f11photo/Shutterstock.com

社会に大きな変革をもたらした今回のコロナ禍。未だ通常の生活が送れているとは言い難く、経済活動も大きく停滞しています。

外出自粛の影響による収入の減少で、自分の将来について心配になる人も多くいるのではないでしょうか。今回のコロナ禍をきっかけに、「お金のことについて調べた」、「ライフプランを見直しした」という方も少なくありません。

そこで、今回は将来もらえる年金について、国民年金、厚生年金がいくらもらえるかについて調べてみました。ライフプランを見直す上で参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

厚生年金 はいくらもらえるか

令和元年12月に厚生労働省年金局が発表した「平成30年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、年齢別老齢年金受給権者数及び平均年金月額は下記の通りとなっています。

厚生年金保険(第1号)

60~64歳 平均年金月額 79,135円 (受給権者数:1,762,370人) 
65~69歳 平均年金月額 144,521円 (受給権者数:3,953,138人)
70~74歳 平均年金月額 146,813円 (受給権者数:3,657,905人)
75~79歳 平均年金月額 153,816円 (受給権者数:2,968,832人)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、ジブラルタ生命、りそな銀行、東京スター銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。FP2級、一種外務員等の資格を保有。