厚生年金と国民年金は毎月いくら、もらえるのか

加入期間25年未満以下はいくらもらえるか

年金を受け取るために必要な保険料納付期間が25年でしたが、平成29年8月1日より、資格期間が10以上となれば、年金を受け取れるようになりました。これにより、今まで納付期間が足りず、受給できなかった人も受け取ることが可能となりました。

では、実際の年金額はいくらなのでしょうか。「男女別年金月額級別通算老齢年金・25年未満受給権者数」より、資格期間25年未満の受給者の割合を示しました

厚生年金保険(第1号)

総数:14,723,426人

年金月額 ~5万円未満 30.1% (443万4031人) 
年金月額 5万円以上~6万円未満 12.7% (187万6011人)
年金月額 6万円以上~7万円未満 17.8% (262万9755人) 
年金月額 7万円以上~8万円未満 17.7% (261万9886人) 
年金月額 8万円以上~9万円未満 11.4% (168万619人)  
年金月額 9万円以上~10万円未満 5.5%(81万2242人) 
年金月額 10万円以上 4.5% (67万882人) 

国民年金 

総数:94万5099人

年金月額 ~1万円未満 17.1% (16万1612人) 
年金月額 1万円以上~2万円未満 40.4% (38万1507人) 
年金月額 2万円以上~3万円未満 29.9% (28万2703人) 
年金月額 3万円以上~4万円未満 10.2% (9万6424人) 
年金月額 4万円以上~5万円未満 2.3% (2万1452人) 
年金月額 5万円以上~ 0.5% (1401人) 

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、ジブラルタ生命保険、りそな銀行、東京スター銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。AFP(AFFILIATED FINANCIAL PLANNER)、一種外務員(証券外務員一種)等の資格を保有。