コロナ禍で浮かび上がる非常時の「理想的リーダー像」、カギは女性的資質?

時々刻々と新しいニュースが耳から目から飛び込んでくる今、1週間前のニュースでさえ最新のニュースに埋もれていきます。

4月上旬、テレビのリモコンを持って自宅でくつろぐ安倍首相がSNSに投稿した「家で踊ろう」の動画は炎上状態となりましたが、ニュースとしての旬は過ぎ、既に過去の「歴史」となりつつあります。

ところで、「家で踊ろう」の一件からさかのぼること約1週間前、デンマークのメッテ・フレデリクセン首相もまた、「ステイホーム」の動画を投稿していました。

続きを読む

彼女がfacebookに投稿したのは、リズミカルに体を揺らして流行の歌を歌いながら、食器を洗っている動画です。しかも、生活感のあふれるキッチンで。

首相が踊るように家事をする様子は、ロックダウンの最中で不安と孤独を抱えている国民に好意的に受け止められたようです。近年、精度が飛躍的にアップしているGoogle翻訳機能で書き込まれたコメントを翻訳してみると「素晴らしい!」「誇りに思う」「暗闇の中の光」といった絶賛コメントが目立ちます。

もちろん、自分の日常を好感度アップの道具にしているという批判の声もあるかもしれません。とはいえ、少なくとも「今、国民が何を望んでいるか」「どんな生活を送っているのか」という想像力を一国の首相が持てていることは、これからも国民に寄り添った政策をしてくれるだろうという一縷の望みにもつながるでしょう。

コロナ禍で政治への失望が広がる日本

話を日本に戻すと、安倍総理の「家で踊ろう」動画は、5月中旬の時点で100万超の「いいね!」がついています。首相のくつろぎモードに癒された人も少なくありませんが、それ以上に落胆や怒りの感情の声が多く集まりました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

東京外国語大学卒。商社の営業職、専業主婦を経てライターに。男女の働き方、子育て世代の消費動向、時事・社会問題などに関心がある。