定年60代のお金事情、みんな老後資金はどう増やせばよいか?

海外の債券や株式に投資

日本は記録的な低金利が続いていますから、海外資産に目を向けてみましょう。例えば、米ドルの政策金利ですが、コロナ禍前、昨年末までは2%前後で推移していました。

高金利の債券運用は、資産を増やすのに効果的ですので、コロナ禍が収束し、景気が回復した折は、ぜひ検討してみましょう。

また債券と合わせて、株式への投資も考えておきたいところです。米国株式や世界株式ファンドは価額の変動は大きいものの、長期で見れば上昇トレンドです。積立投資をするなら、このような上昇の可能性が高い資産に投資することが大切です。

ちなみに我々が毎月拠出している厚生年金や国民年金は、バランスファンドで運用されています。バランスファンドとは、様々なアセットを組み合わせて保有するファンドです。

国内債券、国内株式、海外債券、海外株式に、原則として25%ずつ投資、保有しています。政府目標(1.7%+賃金上昇率)が実現できるよう、また安全性を重視して、最もリスクの小さいポートフォリオが組まれているのです。

このポートフォリオで運用した結果、2001年以降、通期で約3%程度の運用成果を残しています。

かなり保守的なバランスファンドで運用されていても、3%程度の運用成果が出ています。低金利の国内債券や循環を繰り返す日本株は省き、海外債券、海外株式を組み合わせて持つ方がより良いリターンを追求することができます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
土屋 史恵

ファイナンシャルアドバイザー/金融プロフェッショナル採用
神戸市外国語大学卒業後、外資系生命保険、大手都市銀行等で個人顧客の資産運用に関連する業務に携わる。現在は、これまでの金融機関勤務経験を活かし金融サービスを提供する企業の金融プロフェッショナル採用業務などを担当。AFP、一種外務員等の資格を保有。