「パパあっち行って」育児参加を阻む父子間の不和。なぜ子どもは母親を選ぶのか

テレワークで立場逆転。ワンオペ育児の大変さを実感した夫 

社会を深刻な状況に陥らせている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、テレワークを導入する企業が激増しました。学校の休校にともない、家族が家で顔を合わせる機会がぐっと増えたのではないでしょうか。家庭によっては在宅時間が夫婦で逆転したケースもあるようで、テレワーク中の父親が子どもの昼食を準備するといった家庭も多く見受けられます。

これまで妻に家庭のことを任せていた夫は子育てのノウハウを持ち合わせていないため、的の外れたアドバイスやしつけで子どもに疎ましがられてしまう場合があります。一口に育児といっても、「宿題を見てあげる」といった定番のものだけでなく、「具合が悪いと言われた場合の適切な処置」などバリエーションはさまざま。マニュアルがあるわけではないので、1つ1つこなしていく初期段階でしんどさを感じる夫も多いのではないでしょうか。普段これを1人で担っていた妻の偉大さに、あらためて気づく貴重な機会となったかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

子育て中も自分の楽しみを諦めないがモットーのアラフォー。
好奇心のアンテナを張って、ワクワクするような情報をお届けします。