自粛明けが怖い…コロナ禍の陰で安堵してしまった人たち

copy URL

まとめ

未曾有の世界的危機とも言える新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミック。この状況は決して歓迎できるものではありません。

しかし、長期的なウイルスとの戦いが予想される今、様々な「自粛」に対してネガティブな視点でばかり捉えていては、疲弊の末にいつか自粛を放棄してしまう可能性も考えられます。ウイルスとの戦いに負けないためにも、今回ご紹介した方々のように、時には自粛することに対して「でも、良い部分もあるよね」とポジティブな視点で捉えてみることも必要なのかもしれません。

大濠 歩 

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
Webコンテンツ制作、企業内ライターを経てフリーランスライターになる。整理収納アドバイザーの準1級を所持。
時事問題、転職、家事テクなどを中心に、独自の視点から幅広いジャンルの記事を執筆している2児の母。