コロナ禍でもデリバリーで好調続く?「ケンタッキー」今後の展開とは

Radu Bercan/shutterstock.com

「今日のランチはケンタッキー!」のCMでおなじみのケンタッキー・フライド・チキンは、500円から利用できるランチメニューが導入された2018年7月以降、売上を順調に伸ばし続けています。

しかし、今後は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が成長の壁となるかもしれません。4月8日には、東京都などの7都府県の店舗の営業時間を20時までに短縮することを発表しています。コロナ禍がケンタッキーの躍進を止めてしまうのでしょうか。

続きを読む

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

大学中退後に、金融や経済に興味を持ち、証券外務員1種を独学で取得。
コールセンターで契約社員として働きつつ、副業で金融ライターを始める。
主にクラウドソーシング経由でライター活動を行い、経済・金融・証券関係で500以上の記事執筆を経験。
将来の夢は「若者のためになる面白い経済・金融・証券情報を発信するプラットフォームを作る」こと。
Twitter