マネーセミナーの無料オンライン受講前におすすめの6つの選び方

TierneyMJ/Shutterstock.com

日本全国で猛威をふるう新型コロナウイルス。皆さんの中には、「コロナのせいで、仕事が減ってしまった!」、「残業代が減った…」などなど、コロナ禍の最中でもお金の悩みは尽きることはありません。

一方、巷では、「オンライン授業」、「オンライン物産展」、ついに「オンライン診療」も可能になりました。そしてマネーセミナーも自宅からスマホやPCでオンラインで参加できるものが増えてきています。

今回は、オンラインセミナーの中でも、最近は特に注目度の高い「無料のマネーセミナー」を受講する際に、注目すべきおすすめポイント、選び方、注意点について見ていきましょう。

続きを読む

その1:マネーセミナーがライブ配信か収録映像配信か

これまでも、「オンライン英会話」や「オンライン授業」を配信しているアプリや動画配信サービスは世の中にたくさん出回っていました。もはや我々の生活とは密接した存在であると言えます。

しかし、その配信方法に違いがあり、「ライブ配信」と「収録映像配信」があります。

ライブ配信の特徴は、まさに講師と受講者の1対多数の臨場感があることです。マネーセミナーによっては、質問コーナー(Q&A)が設けられており、チャット機能を使用して、受講者からの質問をその場で受け付け、その場で答えるというサービスを行っています。

セミナー内容に関する質問はもちろん、お金に関する疑問や講師に関する質問が可能で、双方向のコミュニケーションがまさにライブ配信ならではと言えますね。

一方、収録映像での配信では、臨場感は若干薄れます。しかし、再生を途中で止めたり、ゆっくり再生することが可能です。受講生にとっては使い勝手がいいというメリットはあります。しかし、ライブで質問する機会、Q&Aがないのがネックともいえるでしょうか。

ライブ配信、収録映像配信、いずれもメリット・デメリットがあるといえますが、受講スタイルで自分が気に入ったものを選べばよいでしょう。

スマホOK!無料Webセミナー「お金の増やし方」「iDeCo/NISA始め方」他【PR】

毎日開催/無料オンラインセミナー/たった30分/資産運用初心者向け/月2万円からしっかり資産作る/iDeCo・NISAどっち?/投信選び/保険見直し/スマホやPCで簡単参加/カメラoff/講師陣は大手金融機関出身者/もやもや解消&問題解決あり

◆無料セミナー詳細とお申込みはこちらをクリック <株式会社OneMile Partners主催>

その2:手軽にオンラインセミナーにアクセスできるか

オンラインセミナーに参加する際は、PCあるいはスマホで講義を視聴することになります。その際、セミナーにアクセスするのに手間取っていては元も子もありません。

ライブ配信に「やっと接続できたら、もう終盤だった・・・」では、なんの意味もありませんね。お金を払っていた場合はなおさらです。最近は、ZoomやマクロソフトのTeamsやスカイプ、グーグルのMeetなどの様々なオンライン会議ツールがたくさん活用することができますが、使い慣れないと最初は戸惑ってしまう人もいるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。