公立高校と私立高校、年額はいくら?学費を比較

年間の総額で私立は都立の約3倍

では、公立高校と私立高校のトータルの年間費用はどれくらい違うのでしょうか?文部科学省「平成30年度子供の学習費調査の結果について」をみると、公立高校は275,991円なのに対し、私立は755,101円で私立は公立の約3倍かかります。授業料が無償化と声高に叫ばれていますが、約400,000円の高等学校等就業支援金が出たとしても、授業料部分以外の持ち出しが1年間で約350,000円、3年間で約10,500,000円あるということを理解しておくべきです。

どこの高校を受けるのか?を考える際、それだけではなくその後の費用がどれくらい掛かるか?も吟味する必要があります。大学などへの進学を考えている場合、その後も費用が掛かります。どんな出費があるかを知りお金の計画を立てることが大事です。

【参照】
文部科学省「平成30年度子供の学習費調査の結果について
公益財団法人日本修学旅行協会「令和元年度(2019 年度) 都道府県・政令指定都市 修学旅行実施基準概要一覧
文部科学省「高等学校等就業支援金制度

堀田 馨

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
堀田 馨

小中高の3人の娘を持つ40代のワーキングママライター。
受験や塾などの教育から、育児や老後の問題まで、またそれにまつわるお金についてを専門に執筆しています。
「困った!をやっつける」「中学生でも分かる文章」をモットーに、世間のママが困らない書き方を心がけています。

好きなこと:鉄道、旅行、ビール、落語、ジャズ、バンド活動。
地元小学校の学校支援コーディネーターとしても活動中


運営サイト:三姉妹の母の「楽しんだもん勝ち」LIFE