公立高校と私立高校、年額はいくら?学費を比較

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、来年度の学校の開始は予断を許さない状況になりつつあります。コロナの影響で学校が休校になったとしても、待ってくれないのが学校に支払う各種費用の支払いです。高校の場合、公立と私立で、どれくらい違うのでしょうか?

〈目次〉
【学校納付金等】公立高校「49,762円」私立高校「228,864円」
【修学旅行】3年間で公立高校「106,737円」私立高校「162,288円
【授業料】「就学支援金」が受けられれば、私立も公立もそれほど変わらない
年間の総額で私立は都立の約3倍

続きを読む

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
堀田 馨

小中高の3人の娘を持つ40代のワーキングママライター。
受験や塾などの教育から、育児や老後の問題まで、またそれにまつわるお金についてを専門に執筆しています。
「困った!をやっつける」「中学生でも分かる文章」をモットーに、世間のママが困らない書き方を心がけています。

好きなこと:鉄道、旅行、ビール、落語、ジャズ、バンド活動。
地元小学校の学校支援コーディネーターとしても活動中


運営サイト:三姉妹の母の「楽しんだもん勝ち」LIFE