家族同士で大移動!?休校は夏休みではない…緊急時に分かった「ママ友との価値観の違い」

コロナウイルスによる休校は、バケーションじゃない! 

2月の3連休に、「すいていると思って、テーマパークに行ってきた」というママ友AにびっくりしたというYさん。世間ではマスクやトイレットペーパーが品薄になり、子供が通う幼稚園でも卒園式の開催是非が取り沙汰されているなかでのことでした。

さらにびっくりしたのが、その数日後に政府より臨時休校要請が出たときのこと。Yさんの子が通う幼稚園も、同じく休園が決定しました。すぐにママ友Aは、「お休みになるし、今は外国人旅行客も少ないから」という理由で、みんなでテーマパークに行こうと誘ってきたというのです。結局、行こうとしていたテーマパークが休園になったため計画は実行されませんでしたが、Yさんは「賢いママだと思っていたのに、休校・休園をバケーションととらえているような発言にがっかりした」といいます。

もちろん、子供を外に出さず、家の中でじっとさせ続けるのは得策ではないかもしれません。適度な外出や、外で体を動かすことも免疫力を高めるためには必要なことだといえるでしょう。しかしこれをチャンスと捉えて自ら行動範囲を広げる行為は、あまり好ましいものとはいえないのではないでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

都内在住、元IT企業OL。育児や節約、社会問題について、共感できる情報を発信していきます。