「年収は気にしない」が3割!令和の「結婚相手の条件」とは?

~結婚前に2人で話し合っておきたいお金のこと~

そこで、次のような点を事前に話し合い、結婚後の生活をイメージしておくことをオススメします。

日常生活

  • 家計はどちらがやりくりするのか
  • どうしても譲れない趣味や娯楽はあるか
  • 昼食代やタバコ代など、結婚後に節約できる項目はないか

将来のプラン

  • どのようなマイホームを購入したいか
  • 共働きを希望しているのか
  • 子どもが欲しい場合は、いつごろ、何人くらい欲しいか

実家の事情など

  • 両親の介護の必要性
  • 相続する予定の財産はどのくらいあるのか
  • 奨学金を利用していれば、どのような返済計画を立てているのか

結婚前に一緒に暮らしているカップルであれば「日常生活」に関することがらは、すでにお互い理解しあえているかもしれませんね。しかし、将来のプランについては、まだ十分話し合えていない人もいるのでは?

そして、最後の3つはお互いの家族に関することがらも含まれるため、相手に聞くことを遠慮する人の方が多いと考えられます。
今後の二人の資産形成に大きく関わってくる事情があれば、自分から相手に詳細を伝えておくことができると望ましいですね。

結婚後に「そんなこと知らなかった!」と揉めるリスクを極力減らせるかもしれませんし、この先、いつ・どれくらいお金が必要となるのか、などの見通しが立ち、資産形成のプランも立てやすくなるのではないかと思います。

結婚後にお金でモメそうになったら

とはいえ、どんなに丁寧に話し合っていたつもりでも、結婚後にお金のことで揉めてしまう場合があるはずです。
なかでも目立つのが「お小遣い」に関するモメごと。

「毎月のお小遣いが足りない」「家計に余裕はない」と、夫婦で衝突してしまうケースも珍しくありません。

ここで抑えておきたいのは、「相手の意見に耳を傾けているか」「家計の状況を把握しているか」という点です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。