「年収は気にしない」が3割!令和の「結婚相手の条件」とは?

~結婚前に2人で話し合っておきたいお金のこと~

「パートナーの条件」第2位は“金銭感覚”

ブライダルジュエリー専門店銀座ダイヤモンドシライシが、20歳~39歳の未婚の男女500名を対象に行った結婚に関する意識調査※では、昭和・平成生まれの約3割が「結婚相手の年収は気にしない」と回答しています。

そのうえで、「結婚相手の条件」のトップ5は以下のような結果がでています。

1位「生活の価値観」
2位「金銭感覚」
3位「経済力」
4位「生活習慣」(昭和生まれ)/「家事に協力的」(平成生まれ)

(ブライダルジュエリー専門店 銀座ダイヤモンドシライシ調べ)

お金に直接関わる条件は2位、3位となりましたが、1位の「生活の価値観」4位「生活習慣」/「家事に協力的(かどうか)」などは、日頃のお金に対する感覚と密接な関係を持つ事項ではないでしょうか。

「流行にむやみに飛びつかず、まだ使えそうなものは修理して使う」とか、「毎月のお給料から先取り貯金を続けている」「健康のためにお酒やタバコを少なめにしている」「買い物の際は常にエコバッグを持参する」といった日常の行動パターンは、その人の生活習慣や価値観が、お金との付き合い方に表われる例だといえるでしょう。

では、結婚前の二人は、何をどんなふうに話し合っておくとよいのでしょうか。一緒に考えていきましょう。

結婚前に知っておきたい「お互いのお金に対する考え方」

恋人から夫婦になると、これまで気が付かなかった部分がたくさん見えてくるものです。

とくに多いのは、「結婚後にお互いの金銭感覚の違いを実感した」というパターン。

夫婦間でギャップがあまりに大きすぎると、家計が成り立たなくなるうえ、夫婦関係にヒビが入ってしまう可能性も。

そんな事態にならないよう、結婚前にお互いの「お金に対する考え方」を確かめておくことが大切です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。