【大戸屋】上場来初の赤字予想は「人気定食の値上げ」が原因?「コロナショック」が追い打ちをかけるか

2020年2月28日、業績予想の修正により上場来初の赤字予想となった大戸屋は、同時に黒字転換に向けた経営改善計画を発表しました。

しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行のあおりを受け「外食離れ」のムードが広がるなか、さらに窮地に立たされているようです。

「大戸屋」の純利益・売上高・業績予想は?

まず、2020年2月12日に発表された大戸屋ホールディングス(2705)『2020年3月期 第3四半期決算』によると、2020年3月期第3四半期(2019年4~12月期)の業績は以下の通りです。(※1)

続きを読む

・売上高 186億6,100万円
・営業損益 2億1,700万円の赤字
・親会社株主に帰属する四半期純損益 1億8,800万円の赤字

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

大学中退後に、金融や経済に興味を持ち、証券外務員1種を独学で取得。
コールセンターで契約社員として働きつつ、副業で金融ライターを始める。
主にクラウドソーシング経由でライター活動を行い、経済・金融・証券関係で500以上の記事執筆を経験。
将来の夢は「若者のためになる面白い経済・金融・証券情報を発信するプラットフォームを作る」こと。
Twitter