2億円赤字のランサーズ。新型肺炎でテレワーク増が「黒字化に直結しない」理由

2019年12月16日、東証マザーズ市場に赤字上場したランサーズですが、2019年4~12月期の連結決算は2億400万円の赤字となりました。

赤字の大きな要因は広告費への先行投資で、さらに今後は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染防止策による企業のテレワーク導入が追い風となり、成長する可能性が高いです。

「ランサーズ」の純利益・売上高は?

クラウドソーシングのサービスである「Lancers」の運営をしている企業「ランサーズ(4484)」が2020年2月14日に発表した「2020年3月期 第3四半期決算短信」(2019年4~12月期)によると、2019年4月1日~2020年12月31日までの売上高は24億4,300万円営業損益は1億7,0000万円の赤字親会社株主に帰属する四半期純損益は2億400万円の赤字となりました。

続きを読む

また、3月31日に行われる本決算では5億6,500万円の赤字が見込まれており、おおまかな純損失の数字だけを見ると、ランサーズは窮地に立たされているように見えます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

証券外務員1種。証券会社のコールセンターにて、正社員として働きながら金融ライターとして活動中。2018年から2年間で経済・金融・証券関係で500以上の記事執筆を経験。