「脱“保険貧乏”のススメ」何となく安心だから払い続けている…は要注意

ライフステージの変化に合わせ、保障内容のアップデートを!

「もしものときの備え」として死亡保険に加入している人は多いでしょう。しかし、必要以上に加入した結果、家計が圧迫されてしまうケースも珍しくありません。

そのような「保険貧乏」になってしまうと、日頃のやりくりや将来への貯蓄にも影響が出てきますよね。こうした事態にならないように、今回は死亡保険に関する知識をおさらいしていきましょう。

みんなの「死亡保険金額」はどれくらい?

さて、よそのお宅は死亡保険にいくらかけているのでしょうか。必要とされる保障はそれぞれの家庭によってさまざまとはいえ、面と向かって聞きづらい話題ですよね。

続きを読む

そこで、生命保険文化センター発表の『平成30年度 生命保険に関する全国実態調査』をもとに、年代ごとの保障内容の違いをみてみましょう。

【世帯主の年齢別でみた世帯の普通死亡保険金額(全生保)】
29歳以下:2,475万円
30-34歳:2,883万円
35-39歳:2,857万円
40-44歳:3,032万円
45-49歳:3,050万円
50-54歳:3,183万円
55-59歳:2,618万円
60-64歳:2,493万円
65-69歳:1,615万円
全体:2,255万円

普通死亡保険金額が最も高いのは、世帯主が50-54歳の世帯という結果になりました。その後は、年代が上がるにつれて金額が減少しています。教育費や住宅ローンの返済といった大きな出費がひと段落し、保障内容を整理する家庭が多いのかもしれませんね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。