3月からママたちの「ラン活」で火花が?!「JK」顔負けの「JS」のおしゃれ事情

そんな女子小学生の情報源は、もはやテレビや雑誌ではありません、インターネットです。格安コスメ情報をゲットして、YouTubeでメイクの仕方を調べます。自分のカワイイ写真にハッシュタグ(#)を付けて、検索結果に引っかかるようにしてSNSに上げます。

小学校でも中学校でも学校が主催するネットリテラシー講座で「子供のスマホを定期的にチェックしてください」と先生に言われます。でも親がSNSを使いこなせないので、LINEのメッセージを見るくらいならできても、それ以上のことは「よく分からない」ままではありませんか?子供自身のアカウントを作れば、彼女らはどんどん写真を上げてしまいます。最初は親がチェックしますが、だんだん手薄になり、子供は親の知らないネット世界へ漕ぎだします。

SNSにあげた写真で住んでいるところがバレる⁈

特に、お姉さんやお兄さんなど「上の子」がいるおうちは子供の情報源が豊富で、親の方が「家庭内情報弱者」になっているケースもあります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
堀田 馨

小中高の3人の娘を持つ40代のワーキングママライター。
受験や塾などの教育から、育児や老後の問題まで、またそれにまつわるお金についてを専門に執筆しています。
「困った!をやっつける」「中学生でも分かる文章」をモットーに、世間のママが困らない書き方を心がけています。

好きなこと:鉄道、旅行、ビール、落語、ジャズ、バンド活動。
地元小学校の学校支援コーディネーターとしても活動中


運営サイト:三姉妹の母の「楽しんだもん勝ち」LIFE