お金に不安を感じている人は何割? お金を使う罪悪感から脱却する方法

将来に備えて貯金をしているという人は多いと思います。

自分が想定していたようなペースで貯金ができていないと不安になるものですが、順調に貯金を進めていても別の問題が生じてきてしまうこともあります。

それは、貯金が手段ではなく目的となってしまい、せっかく貯めたお金を使えない状態に陥ってしまうことです。何か目的があってお金を貯めていたはずなのに、そのお金を使えないようになってしまっては本末転倒ですよね。

そこで今回は、お金が使えない状態から脱却し、罪悪感を持たずに適切なお金の使い方ができるようになるための方法を説明していきたいと思います。

続きを読む

9割弱の人はお金に対する不安を感じている

貯めたお金を使えない(使わない)理由は、「お金が貯まっていくこと自体に快感を覚えるから」という場合もありますが、「せっかく貯めたお金が減ってしまうのが怖い」という理由も多く見られます。

BIGLOBEが2019年に行った「お金に関する意識調査」によると、「お金に関して不安を感じることがあるか」という質問に対し、「ある」と回答した人は50.5%、「たまにある」と回答した人は36.1%で、9割弱の人は大なり小なりお金に対する不安を感じていることが分かります。

お金に対する不安を解消するためには、「お金を持っておく」というのが分かりやすい対処法の1つですよね。つまり、貯金額はある意味では精神安定剤として働いているのかもしれません。

しかし、本来お金は消費してこそ意味があるものなので、不安な気持ちからお金を使えない状況に陥ってしまっているのは、決して好ましい状況とは言えないでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

お金に関する様々なお役立ち情報を、分かりやすくお伝えします。
趣味は日本各地のクラフトビールの飲み比べ。