平均寿命は30年で5歳延びている…「老後資金」は最低いくら必要?

老後に向けた貯蓄方法の見直しを

どうすれば、老後の生活に不安を持たずに済むのでしょうか。単純明快な話で、「貯蓄方法」を見直してみることをおすすめします。まずは「老後資金」がいくら必要なのか、考えてみましょう。

厚生労働省の「厚生年金保険・国民年金事業の概況(平成30年度)」によると、2018年度の厚生年金保険(第1号)の受給者の平均年金月額は14万5,865円、国民年金は5万5,809円となっています。

たとえば、夫が定年退職まで企業に勤め、その間に妻は専業主婦であった世帯の場合、年金月額は単純に合計して20万1,674円になります。年金を25年間受け取るのであれば、約6,000万円受給できることになります。

また総務省統計局の「家計調査報告(家計収支編)2018年(平成30年)平均結果の概要」の世帯主の年齢層階級別消費支出額を開示しており、60~69歳の年齢層(2人以上世帯)では29万1,019円、70歳以上では23万7,034円となっています。

仮に65歳の定年退職後、老後が25年だとすると、
60~69歳 約29万円×12カ月=348万円
70歳以上 約23万5,000円×12カ月=282万円

支出合計は、(348万円×5年)+(282万円×20年)=7,380万円が必要となります。先ほどの年金受給額約6,000万円では足りない約1,400万円は、最低でも貯蓄として用意しておきたいところですね。

このほか、「老後は旅行を楽しみたい」「持病の治療費が心配」など、老後の生活を具体的にイメージして必要な金額を計算してみると良いでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。