平均寿命は30年で5歳延びている…「老後資金」は最低いくら必要?

具体的な貯蓄方法を紹介!

「老後資金」のイメージができたら、効果的な貯蓄方法をご紹介します。

銀行口座を仕分ける

「生活用」「貯金用」と銀行口座を複数用意して、貯蓄に手を付けられないようにしましょう。定期預金で積み立てる手段もありますので、用途に応じて口座を振り分けておけば無駄遣いの回避につながります。

積立投資に挑戦する

貯蓄の方法の一つに、「積立投資」へ挑戦する手段があります。iDeCo(個人型確定拠出年金)が代表例です。掛け金の全額が所得控除の対象となり、積み立てた分を60歳以降に受け取れば、退職後の所得控除を受ける対象となります。

現金払いでお金を管理する

支出を現金払いに絞り、金銭感覚を養う方法です。クレジットカードに加え、スマートフォンを使ったキャッシュレス決済の手段が普及しています。現金を使って買い物をすると、無駄な支出に気が付きやすくなるのです。お金の管理が簡単にできる上に、貯蓄を心がけるようになるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。