老舗洋菓子チェーン店「モンブラン」の破綻から見る、神戸を覆う3つの影

Sean Pavone/Shutterstock.com

老舗洋菓子チェーン店モンブランが、2018年に事実上の経営破綻。神戸市を代表する洋菓子チェーン店として知られており、神戸市を中心に17店を運営していました。帝国データバンクによると、負債額は約3億2800万円となっています。

17年に2店、18年に1店オープンするなど積極的な経営をしていましたが、既存店の売り上げの伸び悩みと新規出店のコスト増が破綻の原因とされています。

しかし神戸市の地場産業である洋菓子を扱い神戸市中心に店舗展開していたことから、破綻の背景には神戸市そのものの3つの問題点ともいえる「影」を見る事ができるのではないでしょうか。今回はその3つについて見ていきます。

続きを読む

スマホOK!無料Webセミナー「お金の増やし方」「iDeCo/NISA始め方」他【PR】

毎日開催/無料オンラインセミナー/たった30分/資産運用初心者向け/月2万円からしっかり資産作る/iDeCo・NISAどっち?/投信選び/保険見直し/スマホやPCで簡単参加/カメラoff/講師陣は大手金融機関出身者/もやもや解消&問題解決あり

◆無料セミナー詳細とお申込みはこちらをクリック <株式会社OneMile Partners主催>

モンブランの経営戦略と神戸市の闇

モンブランは、1963年に創業した洋菓子製造販売業者です。神戸市や明石市、加古川市などに店舗を展開し、生ケーキ「至高のモンブラン」や焼き菓子「お・も・て・な・し半熟チーズ」を販売していました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 石井 僚一
  • コラムニスト/元ベンチャーキャピタリスト

岡山大学法学部卒。大手証券グループ投資会社を経て個人投資家・ライターに転身。株式市場や個別銘柄の財務分析、為替市場分析を得意としている。ライターとして複数媒体に寄稿中。