「ガスト」運営すかいらーくも深夜営業時間縮小に。本当の狙いとは何か

人件費抑制で利益率改善なるか

AppleZoomZoom/Shutterstock.com

多くの業界で「働き方改革」が掲げられ、各企業が多様な施策を打ち出す中、ファミリーレストラン業界でも大きな動きが出てきた。ファミレス国内最大手で、「ガスト」や「ジョナサン」などを運営するすかいらーくは深夜の営業時間を縮小すると発表。働き方改革の一環としての取り組みだが、今回はすかいらーくの業績と結び付けて考察し、最後に今後の注目点を解説する。

深夜帯の営業時間短縮へ

すかいらーくは1月20日、566店舗で深夜の営業時間を短縮するほか、うち155店舗で24時間営業を全て廃止すると発表した。消費者のライフスタイルや従業員の働き方の変化に対応することが主な目的としている。

続きを読む

同社の店舗は2019年12月31日時点で国内外合わせて3258店あり、今回深夜の営業時間が短縮される店舗は全体の約17%、24時間営業廃止の店舗は全体の約5%。

直近3年の売上収益成長率が年間1~2%にとどまり、2019年12月期も1%の成長を予想するなどトップラインの伸びが鈍い中で、今回の営業時間短縮が売上収益に与えるマイナスの影響は決して小さくなさそうだ。

人件費高騰で採算悪化続く

ただ、今回のポイントはやはり採算への影響だろう。リリース内では働き方改革が大きな目的として掲げられているが、そこには人件費抑制という目的もあるとみえる。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
石津大希

データ重視の金融系ライター


慶応義塾大学商学部卒業。地方銀行、大手リースといった金融機関勤務などを経て2019年に独立。アナリスト業務などを通じてファンダメンタルズ分析の経験を積む。執筆する記事は、株式投資の分野を中心に、読者の方が企業財務や金融に対する知的好奇心を満たしたり、客観的データや事実に基づく投資を身に付けられる内容を積極的に発信します。