株価が1年で2倍以上に!「業務スーパー」運営の神戸物産、注目点はタピオカだけにあらず

タピオカ銘柄として株式市場で知られているのが、「業務スーパー」をFC(フランチャイズ)運営する神戸物産(3038)です。

神戸物産は、八百屋や食品スーパーなども業務スーパーのFC加盟店としており、従来型食品スーパーの近代化を進める企業としての側面も有しています。

冷凍タピオカで一躍有名になった業務スーパー

最近は若干ブーム沈静化の兆しもありますが、繁華街を歩けば今も多くのタピオカティー店の姿が目に入ります。そんなタピオカブームで株価が上昇したのが、業務スーパーを運営する神戸物産です。

続きを読む

業務スーパーでは業務用の冷凍タピオカを販売しており、タピオカブームにより冷凍タピオカがバカ売れ。また、冷凍なら家庭でもタピオカが楽しめると報じられたことも、業務スーパーと神戸物産に注目が集まった一因です。

そして各方面から注目を浴びた結果、神戸物産の株価は昨年急上昇しています。

2019年1月に1,700~1,800円の間で推移した株価は、2020年1月10日には4,000円の大台を突破。約1年で2倍以上の上昇を見せました。神戸物産は、今ではすっかりタピオカ銘柄として株式市場で認知されています。

神戸物産の過去1年の株価推移

拡大する

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 石井 僚一
  • コラムニスト/元ベンチャーキャピタリスト

岡山大学法学部卒。大手証券グループ投資会社を経て個人投資家・ライターに転身。株式市場や個別銘柄の財務分析、為替市場分析を得意としている。ライターとして複数媒体に寄稿中。