ゼロ金利でも銀行が預金部門を廃止できない理由

ゼロ金利時代、銀行には預金部門は不要だ、と考える読者もいるでしょうが、預金部門の廃止は簡単ではないのです。その理由を久留米大学商学部の塚崎公義教授が解説します。

銀行が預金客に礼を言うのは当然か?

飲食店が客に笑顔で礼を言うのは、利益をもたらしてくれる相手なので、合理的です。では、マイナス金利時代に銀行が預金客に礼を言うのは合理的でしょうか?「銀行が預金客に礼を言うのは当然だ」と思っている人も多いでしょうが、それは市場金利が高かった時代のことではないでしょうか。

続きを読む

今の銀行は、預金を集める必要がありません。金利ゼロで他行から借りてくれば良いからです。正確に言えば、市場金利がマイナスですから、マイナス金利で他行から借りてくる方が、金利ゼロで顧客から預かるよりも儲かるのです。顧客から預かった預金が貸出に使えなければ、他行にマイナス金利で貸し出すことになり、損してしまうのです。

それなら預金部門を解散すれば良い、と考える人もいるでしょう。預金部門の雇っている大勢の従業員も店舗もATMの機械も不要になりますから。しかし、それは現実的ではないのです。なぜなら、預金部門が銀行にとって必要だからです。

融資のために預金部門が必要

銀行から金を借りている人は、銀行への融資返済を「預金口座からの自動引き落とし」で行っているのが普通です。返済期限毎に返済額を他行から送金するのは面倒ですから。それのみならず、企業は借入先銀行に預金口座がある方が、色々な面で便利でしょう。

彼等は、銀行にとって収益源ですから、重要な顧客です。したがって、彼等の要望に応えて預金部門を維持しようというインセンティブは強いはずです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
塚崎 公義

1981年 東京大学法学部卒業、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行
おもに経済調査関連業務に従事した後、2005年に退職し、久留米大学へ。
現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と関係なく個人として行なっているため、現職は経済評論家と表記したものである。
(近著)
なんだ、そうなのか! 経済入門
老後破産しないためのお金の教科書
経済暴論: 誰も言わなかった「社会とマネー」の奇怪な正体
一番わかりやすい日本経済入門
日本経済が黄金期に入ったこれだけの理由
(雑誌寄稿等)
Facebook、NewsPicks、アメブロ等にて適宜ご紹介