「現金よりもお金が貯まる」…キャッシュレス決済のお得な使い方とは

また、2020年開催の東京オリンピックを契機にクレジットカードも非接触パターン(タッチ決済)が普及し始める可能性があります。そうなると少額の買い物でもクレジットカードが使いやすくなりますよね。「キャッシュレス決済はこれ1本」と決めるよりも、QR・バーコード決済とクレジットカード決済の2つの選択肢を持って、金額に合わせて使い分けていくのが、便利でお得な方法だといえます。

「キャンペーン」に注目して使い分ける方法

QR・バーコード決済にはPayPay、LINE Pay、メルペイ、d払いなどがあり、各種キャンペーンが大々的に開催されています。クレジットカード会社でも決済アプリとの連携で利用ポイントアップのキャンペーンを開催しているところもありますよね。そのためキャンペーンに応じて使い分けることでさらにお得さがアップしそうです。

まずは現在利用しているカードや決済アプリ、ネット通販サイトや店舗の情報を集めてみましょう。いつも利用している範囲内だけでも多種多様なキャンペーンが開催されているのではないでしょうか。ある月はPayPay支払いで、キャンペーン期間が開始したらクレジットカード決済で、といった使い分けで万遍なくお得をゲットしていけそうです。

ただしQR・バーコード決済の前払い方式では残高が分散してしまうこともあります。残高の有効期限は5年程度と比較的長く設定されていますが、いつも使う範囲内でそれぞれ少額をチャージしておけば、長い目で見て無駄なく利用できるのではないでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。