「現金よりもお金が貯まる」…キャッシュレス決済のお得な使い方とは

ポイントを貯めることを意識していると無駄遣いをしかねませんが、お金の情報に敏感になる事でお金に対する意識も高まります。これは、節約や貯蓄にもつながっていくスキルとなりますよね。

やはり現金も重要な存在

キャッシュレス方式は便利で、支払いをする際もスマートだという感覚になります。でも、セキュリティのことも忘れないようにしましょう

キャッシュレス決済が広がることで、店舗側も消費者側も現金の取扱い・管理が少なくて済みますが、キャッシュレス決済はあくまでデータでのお金のやり取りです。決済情報に加えて個人情報もやり取りしているのです。さらに、2019年7月に起きた7Payの不正アクセス問題も忘れてはいけませんよね。

また、システム障害や災害が起きた時に電子決済が滞る可能性もあります。やはり現金は最低限必要ですし、確実な存在といえるでしょう。

さいごに

世界で比べるとキャッシュレスの普及率が低い日本ですが、政府が推進していることもあり、応店舗や利用者数も高まりそうです。上手く利用すればポイント還元でお得に買い物ができたり、家計管理がしやすくなるなどのメリットも多いです。ぜひお金の最新情報を取り入れて、家計管理に活かしていきましょう。

【参考】
「キャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者関連事業)」 経済産業省
「キャッシュレス決済に関する意識・実態」 ジャパンネット銀行
「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2019」 株式会社ジェーシービー(JCB)

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。