「円安になると株価が上がる」理由を3つの場合で解説

Immersion Imagery / Shutterstock.com

円安は、景気は押し上げないのに株価は押し上げます。今回は、久留米大学商学部の塚崎公義教授がその理由について解説します。

円安は景気を押し上げない

円安が景気を押し上げると言われますが、最近は円安になっても輸出数量があまり増えず、国内生産の増加に結びつかないため、円安の景気押し上げ効果は人々が考えているより小さいようです。

ちなみに、輸出企業が海外から持ち帰ったドルが高く売れるために利益が増えるわけですが、これは景気には効きません。一つには、輸出企業が高く売れた儲けと輸入企業がドルを高く買わされた支出増が概ね同じ金額だからです。

続きを読む

もう一つには、輸出企業の利益が設備投資や給料増には使われないからです。詳しくは前回の拙稿『アベノミクスで円安になっても景気の押し上げ効果が薄かった理由』を御参照いただければ幸いです。

しかし、「円安になると株価が上がる」ということは言えそうです。「円安の効き方が、景気にはマイナスで株価にはプラスとなる場合」「円安が景気には効かないが株価にはプラスとなる場合」「円安が株価を押し上げるのではなく、別の所に原因がある場合」に分けて考えてみましょう。

円安が景気にマイナスで株価にプラスとなる場合がある

輸出企業が持ち帰ったドルを高く売って儲けた分は、そのまま輸出企業の利益として株価を押し上げる力になりますが、儲けが設備投資や賃上げに使われるわけではないので、景気を押し上げる力にはなりません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
塚崎 公義

1981年 東京大学法学部卒業、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行
おもに経済調査関連業務に従事した後、2005年に退職し、久留米大学へ。
現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と関係なく個人として行なっているため、現職は経済評論家と表記したものである。
(近著)
なんだ、そうなのか! 経済入門
老後破産しないためのお金の教科書
経済暴論: 誰も言わなかった「社会とマネー」の奇怪な正体
一番わかりやすい日本経済入門
日本経済が黄金期に入ったこれだけの理由
(雑誌寄稿等)
Facebook、NewsPicks、アメブロ等にて適宜ご紹介