零細企業のワンマン社長との5年間…「社長ミーティング地獄」から抜け出すまで

「柳沢君、”暖急軽重”をしっかりと見極めて…」

まただ。この前はついに社長に『緩急(かんきゅう)ですよ』と言ってしまった。
「教えてくれてありがとう」と言っていたが、絶対怒ってた…。

そして、また「だんきゅう」と言っている。気になって気になって仕方ない。気にしない気にしない。

僕は社員わずか10名の零細企業の会社員。でした。
今は辞めてライターをしていますが、たまにあの頃を思い出すことがあります

社長は創業者で絵に描いたような「ワンマン社長」でした。
零細企業のワンマン社長に振り回された、僕の5年間についてお話します。

続きを読む

謎のミーティング地獄

「柳沢君、ちょっとおいで」

そう言われて社長室へ。
そこから、ひたすらずーっと社長が話し続けます。

気が付けばお昼。
社長の車に同乗して、ランチです。

そしてまた帰ってから社長室へ。
そこからもずっと「ミーティング」という名の説教や、訓話。
15時くらいになって、社長の力が尽きてくると社長はご帰宅。

そして、僕は定時までたった残り4時間の状態で業務開始…。当然できることは限られています。そして、その進捗を業務日報に書いて社長にFAX送信。

翌日は業務日報を読んで思ったことをひたすら聞かされる。
そんな毎日を繰り返し、周囲からも「あいつ社長とずっとミーティングばかりやってて、仕事してない」と陰口を叩かれる始末。

こんなにミーティングしているのに、社長は指示を出しません。
僕にするのは抽象的な話だけ。しかし、突然、超具体的な指示を出してくることもあります。そんな時に限って、かなり強い口調で言われるものだから、必死でやります。

しかし結果がなかなか出ません。すると「きみはいつまでそんなことをしてるんだ」と怒られます。これで『社長が言ったからやってる』とか言おうもんなら、大目玉を食らいます。

『自分の意志で、結果が出ると思ってやっています』と伝え、「いつまでそんなことしているんだ」と怒られながら、次の指示をもらいます。そんな毎日の連続でした。

僕は精神をすり減らし、最終的には『自分の評価なんてどうでもいいから、少しでも仕事を前進させたい』と思うようになりました。

『ここで怒られれば、仕事が前に進む』と思いながら、社長のためというより、会社のためになるように、ワンマン社長のもとで働いていたのです。

地獄のチラシ作り

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

3歳児と0歳児の父親ライター。結婚して子育てに奮闘しながら、執筆業と向き合っている。主に男性目線の夫婦関係や家庭問題に関する記事やキャリアに関する記事を執筆している。