かんぽ生命に加入した理由とは一体何だったのか

養老保険では普通養老、終身保険では普通終身(倍型)の比率が高くなっている。

かんぽ生命のお金はどのように運用されているのか

かんぽ生命の2019年6月末の総資産は73兆4557億円。

そのうち、全体の約半分である38兆951億円を国債で運用している。次いで多いのが、地方債で10%、外国債券(※注)で9%、貸付金で9%、社債で8%となっている。

国内民間生保最大手の日本生命の2019年3月末時点での総資産が78兆8095億円(単体では68兆847億円)であることを考えると、かんぽ生命の巨大さがお分かりになるであろう。

ちなみに、日本生命の2019年3月期の一般勘定資産66兆8267億円の資産運用内訳が公社債が35.2%、外国証券が29.7%、株式が13.4%、貸付金が11.1%であることを考えると、かんぽ生命の資産運用の資産構成は国債に偏っていることが分かる。

※注:個別銘柄の債券のほか、それぞれの資産のみを投資対象とする投資信託を含む。

日本を代表する生命保険会社といえるかんぽ生命。今回の同社の対応と今後の契約数の変化から目が離せない。

参考資料

青山 諭志

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。Twitter:SatooshiX