ドルコスト平均法は難平(ナンピン)買いと何が違うのか

これが例えば、資産価格が下がり続けるようなケースでは、「傷口がどんどん広がる」とでも言いましょうか、簡単に言えば損失が拡大していきます。投資家としては最悪否状況です。

したがって、ドルコスト平均法は、長期的に資産価格が上昇する資産を選択できないと、投資家としては大けがをします。まあ、はじめからそれが分かっていれば、苦労はしないのですが、そうした弱点を持っているということも頭に入れておきたいところです。

参考資料

【PR】5年間で勝率は7割越え!!!日本株の銘柄選択はLongine(ロンジン)で

個人投資家向け金融経済メディアLongine(ロンジン)では、月額1080円で機関投資家などで実績を積んだプロアナリストの推奨銘柄を購読いただけます(個別記事は216円)。個別銘柄にこだわりたい方は是非ご利用ください。

>> Longineのご購読お申込みはこちら

青山 諭志

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。Twitter:SatooshiX