ドルコスト平均法は難平(ナンピン)買いと何が違うのか

BsWei/Shutterstock.com

資産形成ではよく出てくる「ドルコスト平均法」。これって、一体、「自分が持っている資産を下がったら買います」という「難平(ナンピン)買い」と何が違うのでしょうか。それとも同じなのでしょうか。今回は、ドルコスト平均法と難平買いの違いについて考えてみたいと思います。

難平買いのイメージは良くない

株式市場にいると、「難平」という言葉をよく耳にします。

しかし、この「難平」、実はあまり良い印象はありません。なぜかというと、自分が購入した銘柄の買値と現在の株価を比較した際に、買値が現在株価を下回っているからです。つまり、含み損を抱えている状況です。

続きを読む

ここで登場するのが難平買いです。自分の買値(簿価)を下げるために、さらに買い増しをするのです。結果、簿価を下げることができます。

この難平買いですが、実は投資家からすると歓迎されるものではありません。なぜかというと自分が「いまだ!」と思って買い出動したのにもかかわらず、株価が買値を下回るわけですから、判断を間違えたというほかありません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。