貯金1000万円からの超論理的な資産形成術

賢い投資家は始めていること

Rawpixel.com/Shutterstock.com

定年退職後に手元資金があり、リスクを多少取りながらも増やしていきたいという方には、リスク調整型のバランス型ファンドが適切な金融商品かと思います。

株式投資はどうしてもという方だけにおススメで万人向けでない

株式投資はキャピタルゲインだけではなく、配当や株主優待等、様々なメリットがあります。

ただ、ファンダメンタルズなどのメンテナンスをするのに時間がかかるため、愛好家を除いてはあまり手を出すべき資産ではないでしょう。

また、株式といっても多くの方は日本株への投資を選択されるかと思いますが、日本株は全体でいうと循環株です。景気の良い時に売って、景気の悪い時に買うという長い目で見たトレーディングをする必要があります。

資産形成はリスクの小さい順に

世間では「貯蓄から投資へ」という掛け声のもとに有価証券投資をさせたい人がたくさんいます。ちなみに「貯蓄」には有価証券を含むので、このフレーズ自体がおかしいなという印象です。正確に言えば「預貯金から投資へ」です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。