株価大暴落でも安心して過ごせる投資家の事前準備とは

投資における心理的安全性とは何か

Olivier Le Moal/Shutterstock.com

重要なのは株価が大暴落した後に、買い出動できる現預金があるかどうかです。

バランスシートがしっかりした銘柄を選ぶ

株価が大暴落する際に真っ先に売られるのは、バランスシートが良くない銘柄です。

その理由は、景気が悪化するとどの企業も売上が伸び悩んだり、減少します。その際に当期純利益が赤字なる企業も出てきます。当期純損失は株主資本を直撃し、財務体質を悪化させます。結果、外部資金調達が難しく、倒産する可能性が高まるのです。

そうしたアクシデントに見舞われないためにも保有銘柄のバランスシートはしっかりチェックしておきましょう。

トレーディングなどの短期志向銘柄を選ばない

「デイトレ」や「スウィングトレード」なるキーワードが投資家心をくすぐりますが、そうしたトレーディンが機能するのは、株式市場が「平時」の時です。

ひとたびパニック的な売りに陥ると、そうしたトレーディングを活かせる場面も大きく減り、売り一色です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。